紀州 鯖 さんま 小鯛 棒寿し 3種セット 笹一 ギフト 贈答用 風味豊かな逸品 プレミア和歌山

Step.1 最適なインフルエンサー
発見する

急上昇しているインフルエンサーや特定ジャンルに強いインフルエンサーをランキング形式で発見できます。キャスティング候補のインフルエンサーの「デモグラデータ」や「想定発注単価」などの独自データを元に選定を行い、プロモーションに最適なインフルエンサーを選べます。

Step.2 過去事例・トレンドに基づいたプランニングを行う

競合他社のプロモーション実績や人気コンテンツの事例を元に、プロモーションの企画やキャスティングプランの策定が行えます。

Step.3 プロモーションを実施、
効果検証を行う。

URLを設定するだけで簡単にレポーティングを行うことができます。実績を元に分析を行い、次回のプロモーションの設計を行いましょう。

  • 【内容量】鯖・さんま・小鯛各1本 【名称】 フローズン棒寿司
  • 【原材料】【鯖】米(国産)、鯖(国産)、昆布(国産)、米酢、みりん、酒、出し鰹、食塩、しょう油、唐辛子、トレハロース、調味料(アミノ酸等)(原材料の一部に小麦、大豆を含む) 別添:実山椒佃煮(実山椒、しょう油、砂糖、発酵調味料、調味料(アミノ酸等) 別添:甘酢生姜(生姜、砂糖、醸造酢、食塩、酸味料)【秋刀魚】米(国産)、さんま(国産)、昆布(国産)、柚、食酢、砂糖、みりん、酒、出し鰹、食塩、しょう油、唐辛子、トレハロース、調味料(アミノ酸等)(原材料の一部に小麦、大豆を含む) 別添:甘酢生姜(生姜、砂糖、醸造酢、食塩、酸味料)【小鯛】米(国産)、鯖(国産)、昆布(国産)、米酢、砂糖、みりん、酒、出し鰹、食塩、しょう油、調味料(アミノ酸等)(原材料の一部に小麦、大豆を含む) 別添:実山椒佃煮(実山椒、しょう油、砂糖、タマリ、味醂、酒、保存料(ソルビン酸)、 別添:甘酢生姜(生姜、砂糖、醸造酢、食塩、酸味料)
  • 【保存方法】冷凍(-18℃以下)で保存。※解凍後の再冷凍は、厳禁です。
  • 【賞味期限】製造日から冷凍で30日間
  • 【解凍方法】常温(室内20℃以上)で竹皮に包まれていますので竹の皮を開いて器の代わりとして、自然解凍してください(目安時間。夏季6時間~7時間、冬季は7時間~8時間)。解凍後はラップ及びナイロンに包んで冷蔵庫内の野菜室に保管し、夏季(4月~10月)20時間以内に、冬季(11月~3月)36時間以内にお召し上がりください。

商品の説明

商品の説明

和歌山 笹一から、「棒寿し」を全国へお届け致します。
お取り寄せ・ギフトに最適な、鯖(さば)・秋刀魚(さんま)・鯛(たい)をご用意しました。
美しい海と山に囲まれた紀州では、古くから鯖(さば)・秋刀魚(さんま)・鯛(たい)など近海で獲れた魚でお寿司を作りました。
この味を今に受け継ぎ、当社独自のタレに漬け込んだ鯖と、独自の製法で炊き上げた肉厚昆布に、シャリはコシヒカリ最高級ランクで創り上げたのが、和歌山 笹一の「鯖 (さば) 棒寿し」です。
棒寿し 鯖 (さば)が  「プレミア和歌山推奨品 審査委員特別賞」を頂きました。
さんま、小鯛 (こだい)は、「プレミア和歌山 優良県産品推奨」を頂いております。
「プレミア和歌山 優良県産品 審査員特別賞」とは。
和歌山県が推奨する産品に与えられる「プレミア和歌山 優良県産品」。
その中でも平成22年度から和歌山県が厳正な審査を行い、食品では6品しか与えられていない、県を代表する産品です。

その中から鯖とさんまと小鯛の棒寿しを各1本セットにしました。

原材料・成分

【鯖】米(国産)、鯖(国産)、昆布(国産)、米酢、みりん、酒、出し鰹、食塩、しょう油、唐辛子、トレハロース、調味料(アミノ酸等)(原材料の一部に小麦、大豆を含む) 別添:実山椒佃煮(実山椒、しょう油、砂糖、発酵調味料、調味料(アミノ酸等) 別添:甘酢生姜(生姜、砂糖、醸造酢、食塩、酸味料)【秋刀魚】米(国産)、さんま(国産)、昆布(国産)、柚、食酢、砂糖、みりん、酒、出し鰹、食塩、しょう油、唐辛子、トレハロース、調味料(アミノ酸等)(原材料の一部に小麦、大豆を含む) 別添:甘酢生姜(生姜、砂糖、醸造酢、食塩、酸味料)【小鯛】米(国産)、鯖(国産)、昆布(国産)、米酢、砂糖、みりん、酒、出し鰹、食塩、しょう油、調味料(アミノ酸等)(原材料の一部に小麦、大豆を含む) 別添:実山椒佃煮(実山椒、しょう油、砂糖、タマリ、味醂、酒、保存料(ソルビン酸)、 別添:甘酢生姜(生姜、砂糖、醸造酢、食塩、酸味料)

IPRではインフルエンサーの分析〜キャスティング、プロモーションの戦略立案〜レポーティングまで
一気通貫したソリューションを提供します。

ご利用シーン

01

インフルエンサーを一覧で見たい

02

注目度の高いインフルエンサーの比較・検討を行いたい。

03

次にくるインフルエンサーをいち早くみつけたい。

04

インフルエンサー界隈の最新動向をキャッチしたい。

05

どんなインフルエンサーなのか詳しく知りたい。

06

他社プロモーションを戦略構築の参考にしたい。