ADAM ET 【SALE/68%OFF】 ROPE'ボロネーゼパンプス かわいい新作

ADAM ET ROPE'ボロネーゼパンプス

ADAM,/bolly1307539.html,ET,5203円,シューズ , パンプス,tomoden24.com,ROPE'ボロネーゼパンプス ADAM ET ROPE'ボロネーゼパンプス かわいい新作 ADAM,/bolly1307539.html,ET,5203円,シューズ , パンプス,tomoden24.com,ROPE'ボロネーゼパンプス 5203円 ADAM ET ROPE'ボロネーゼパンプス シューズ パンプス ADAM ET ROPE'ボロネーゼパンプス かわいい新作 5203円 ADAM ET ROPE'ボロネーゼパンプス シューズ パンプス

5203円

ADAM ET ROPE'ボロネーゼパンプス
















アイテム説明 サイズ
《定番人気・素材替えアップデート・撥水※一部カラー》走れる、頼れる、優秀な一足。見た目の美しさに加えて、包み込まれるような履き心地を実現した自慢のパンプス

◇2022春夏◇
ADAM ET ROPE' FEMME

【Material】
ブラック:シープスムース調のフェイクレザーを使用。
サンドベージュ:撥水加工を施したシープ調フェイクスエードを使用。

【Design】
走れるパンプスとして例年ご好評いただいているボロネーゼパンプスを、履き心地の良さはそのままに、今の気分を反映させた頼れるパンプスとしてリニューアル。足を包み込むような履き心地を実現したボロネーゼ製法や、カップイン形状の中底で足裏にぴったりとフィットする履き心地に加え、ソールの返りの良さが歩行をアシスト。かかとの靴擦れ防止パッドや、指先の当たりを軽減してくれるスポンジ内蔵も健在。尖りすぎないすっきりとしたポインテッドトゥや、モードさをキープしつつも頑張りすぎない6.5cmヒールも魅力。また、地面との接地面に細かい柄の入ったアウトソールを使用しており、滑りにくさへの配慮も。滑り止め柄のソールが付きつつも、サイドから見たときの美しいフォルムにもこだわった、自慢の一足。
※昨年もご好評いただいているボロネーゼパンプス(品番:GAA21220)と同型の素材替えです。

【Color】
ブラック、サンドベージュの2色展開。

【Styling point】
スタンダードな美しさと今っぽい気分を持ち合わせたパンプスは、合わせるコーディネートを選ばず、どんなスタイルにもフィット。オケージョンやオンスタイルにはもちろん、カジュアルスタイルを足元できりっと引き締めたい時のスパイスとしてもおすすめ。

※画像の商品はサンプルです。お届けする商品に仕様・サイズ等の変更が生じる場合がございます。予めご了承ください。
※ロケ撮影画像は、光の当たり具合で色味が異なって見える場合がございます。商品の色味は、スタジオ撮影の画像をご参照ください。
原産国
中国
素材
(アッパー部分)合成皮革(底部分)合成底
特徴
  1. 5.1〜7cm
  2. 無地
  3. 防水/撥水/防汚
関連カテゴリー
  1. シューズ
  2. パンプス
性別タイプ
レディース
即日
即日配送不可
送料
配送ごとに¥210
ギフト
一部ラッピング不可
問い合わせ番号
63724334(ZOZO)
2022-A-GAA02140(店舗)
サイズ その他 cm ヒール 重量(g)
22.5cm (ワイズ)D(足囲)22.1 22.5 6.5 400
23.0cm (ワイズ)D(足囲)22.4 23.0 6.5 403
23.5cm (ワイズ)D(足囲)22.7 23.5 6.5 406
24.0cm (ワイズ)D(足囲)23.0 24.0 6.5 409
24.5cm (ワイズ)D(足囲)23.3 24.5 6.5 412
25.0cm (ワイズ)D(足囲)23.6 25.0 6.5 415
  • サイズガイド

ADAM ET ROPE'ボロネーゼパンプス

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月09日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

速報ニュース

もっと見る

最新コメント

注目情報

■コラム 映画記者が見る快挙の裏の現実 「ドライブ・マイ・カー」が第94回米アカデミー賞で国際長編映画賞を受賞した。ただ、その栄冠は、産業としての「日本映画」の勝利を意味しない。日本の映画史に刻まれる快挙に水を差すようだが、実際そうなのだ…

これまでのトップニュース

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

「言葉がない」と書いてはならない。 駆け出し記者のころ、先輩から言われた。その言葉を探すのが、仕事だと。 だが、ウクライナ・キーウ(キエフ)近郊から届く遺体が積み上がる映像に、言葉を探せないでいる。ツイートの指が重く、スマホの画面をただスク…

今年で結党から100年を迎える日本共産党。一度も与党となることなく、独自の路線を歩んできたが、最近では「野党共闘」に加わるなど新しい動きも見せている。日本の政治において共産党とはどんな存在なのか。その過去・現在・未来を考える。 ■誤りは認め…

改正育児・介護休業法が今月から施行された。男女ともに育休を利用しやすくする内容で、「子育ては女性任せ」の意識や職場の慣行を改める契機にしたい。ただ、利用が広がれば、育休中の人への給付金もさらに増える。子育て支援のためには、安定した財源の確保…

エネルギーや地球温暖化の問題に本気で取り組むのか、政権の姿勢が問われる場面である。 国土交通省が今国会への法案提出を予定していた「建築物省エネ法」の改正が、先送りされそうな情勢だ。 現在、一定の大きさ以上の新築ビルは、断熱性能などを定めた省…

「ロシア軍のウクライナでの行動を支持しますか」。先週発表されたロシアの世論調査を見て驚いた。8割超が「支持」。どこまで実情を映した調査かはさておき、やはり理解しがたい▼わけを探ろうと、ロシアの報道サイトを一巡した。戦果を誇らしげに報じる大衆…

春トクキャンペーン
3月24日スタート!
読み放題スタンダードコースが
2カ月間無料キャンペーン中!
詳しくはこちら
春トクキャンペーン
3月24日スタート!
読み放題スタンダードコースが
2カ月間無料キャンペーン中!
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
解説・視点・提案 
専門家らが投稿「コメントプラス」
菅野志桜里さん・
成田悠輔さんら総勢104人に
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら